【お知らせ】弊社代表井口が、11/15「渋谷のラジオ」生出演決定!

弊社代表井口が、11/15渋谷のラジオで毎週金曜10:00-10:55放送、バラエティプロデューサー角田陽一郎さんがパーソナリティを務める番組、「渋谷で角田陽一郎と」へのゲスト出演が決定しました!渋谷地区の方はFMラジオはもちろん、アプリなら全国から聴取可能です。
詳細はこちらからご覧ください。

「渋谷のラジオ公式サイト」

聴き逃してしまった方は、「渋谷で角田陽一郎と」番組noteのページにて放送後podcastでアップロード予定ですのでこちらも是非ご覧ください!
「渋谷で角田陽一郎と」番組note

【お知らせ】弊社代表の井口がPRESIDENT WOMANに掲載されました!

誰もが知るような2つの大企業で働き、女性が活躍することの難しさを痛感した井口恵さんは、仲間とともにKanatta(旧AIR)を創業。女性の社会進出を後押しする事業を始めたものの、その立ち上げのプロセスはピンチとリカバリーの連続だった――。

お父さんみたいに働きたい

「これ、マイドローンなんです」

そう言って、カバンの中から小さなドローンを取り出したのは、女性の夢をかなえるコミュニティを運営するKanattaで社長を務める井口恵さんだ。Kanattaでは、独立したい女性のために、小型ドローンの操縦を教えるイベントを行っていて、井口さん自身もマイドローンを持ち歩く。

Kanatta 社長 井口恵さん

今ではドローンに関する事業を行っている彼女だが、もともとは会計士という、ドローンとは縁もゆかりもない資格職からキャリアをスタートした。

父親が商社マンであったため、小学生から中学生までの間は、米国・コネチカット州とオレゴン州で過ごした。「小さい頃からの5度の転校のおかげで、コミュニティーで人と関係性を持つことが得意になった」と井口さんは振り返る。

大学生の時、「お父さんみたいに働きたい」と父に話すと、「それなら男性に負けない資格を持つといい」とアドバイスされた。商社という男性社会に身を置いていたからこそ、女性の活躍する場の難しさを実感していたのだろう。それをきっかけに、井口さんは体育会のテニス部をやめ、会計士の勉強に猛進した。

【お知らせ】弊社代表の井口がPRESIDENT WOMANに掲載されました!

誰もが知るような2つの大企業で働き、女性が活躍することの難しさを痛感した井口恵さんは、仲間とともにKanatta(旧AIR)を創業。女性の社会進出を後押しする事業を始めたものの、その立ち上げのプロセスはピンチとリカバリーの連続だった――。

お父さんみたいに働きたい

「これ、マイドローンなんです」

そう言って、カバンの中から小さなドローンを取り出したのは、女性の夢をかなえるコミュニティを運営するKanattaで社長を務める井口恵さんだ。Kanattaでは、独立したい女性のために、小型ドローンの操縦を教えるイベントを行っていて、井口さん自身もマイドローンを持ち歩く。

Kanatta 社長 井口恵さん

今ではドローンに関する事業を行っている彼女だが、もともとは会計士という、ドローンとは縁もゆかりもない資格職からキャリアをスタートした。

父親が商社マンであったため、小学生から中学生までの間は、米国・コネチカット州とオレゴン州で過ごした。「小さい頃からの5度の転校のおかげで、コミュニティーで人と関係性を持つことが得意になった」と井口さんは振り返る。

大学生の時、「お父さんみたいに働きたい」と父に話すと、「それなら男性に負けない資格を持つといい」とアドバイスされた。商社という男性社会に身を置いていたからこそ、女性の活躍する場の難しさを実感していたのだろう。それをきっかけに、井口さんは体育会のテニス部をやめ、会計士の勉強に猛進した。

【お知らせ】弊社代表の井口がPRESIDENT WOMANに掲載されました!

誰もが知るような2つの大企業で働き、女性が活躍することの難しさを痛感した井口恵さんは、仲間とともにKanatta(旧AIR)を創業。女性の社会進出を後押しする事業を始めたものの、その立ち上げのプロセスはピンチとリカバリーの連続だった――。

お父さんみたいに働きたい

「これ、マイドローンなんです」

そう言って、カバンの中から小さなドローンを取り出したのは、女性の夢をかなえるコミュニティを運営するKanattaで社長を務める井口恵さんだ。Kanattaでは、独立したい女性のために、小型ドローンの操縦を教えるイベントを行っていて、井口さん自身もマイドローンを持ち歩く。

Kanatta 社長 井口 恵さん

今ではドローンに関する事業を行っている彼女だが、もともとは会計士という、ドローンとは縁もゆかりもない資格職からキャリアをスタートした。

父親が商社マンであったため、小学生から中学生までの間は、米国・コネチカット州とオレゴン州で過ごした。「小さい頃からの5度の転校のおかげで、コミュニティーで人と関係性を持つことが得意になった」と井口さんは振り返る。

大学生の時、「お父さんみたいに働きたい」と父に話すと、「それなら男性に負けない資格を持つといい」とアドバイスされた。商社という男性社会に身を置いていたからこそ、女性の活躍する場の難しさを実感していたのだろう。それをきっかけに、井口さんは体育会のテニス部をやめ、会計士の勉強に猛進した。