3/26発売の書籍『こんな会社で働きたい〜SDGs編』に株式会社Kanattaが掲載されました!

3月26日(金)に発売された書籍『こんな会社で働きたい〜SDGs編』(著:クロスメディアHR総合研究所)に、株式会社Kanattaが掲載されました。

こちらの書籍は、『続可能な社会の実現に向け、世界の共通目標となっている「SDGs」。本書では、SDGsに自分事として積極的に取り組む日本企業16社の想いと取組み内容を詳しく紹介』する本とのことで、SDGsの基礎知識や企業の取り組みが学べます。

今回、数多くの有名企業が紹介されている中、株式会社Kanattaはジェンダー平等に取り組んでいる企業として8ページにわたって『これから社会に出る女性に伝える人生を豊かにする働き方』というテーマで掲載していただいております。
その中には、弊社が運営するドローンジョプラスやコスモ女子といったコミュニティがどんな想いのもと創設され、どのようなビジョンで事業に取り組んでいるのか、そしてこれからの時代に合ったビジネスとはどんなものなのか、等を紹介していますのでご興味ある方はぜひご覧ください。

今後も、弊社はより豊かな社会づくりのため、様々な側面から貢献してまいります。

下記よりPDFで弊社紹介ページおよび本書の冒頭PDFをご覧いただけます。



弊社代表井口も投稿しておりますので、ぜひご覧ください。
https://note.com/igumegu_kanatta/n/n384440fda75f

文化放送ラジオ番組「Society5.0シャングリラ」に弊社代表の井口恵が出演しました!

2月14日(日)、弊社代表の井口恵が文化放送の生ワイド番組『Society5.0 香格里拉(ソサエティ5.0 シャングリラ)』の「フロントライン」というコーナーに出演しました。

『Society5.0 シャングリラ』は、元SKE48のメンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥さんがパーソナリティを務める日曜3時間生ワイド番組です。
仮想と現実が交差するSociety5.0の社会をテーマに、リスナーと共に想像力と妄想力で遊び倒すことをコンセプトとしています。

井口は、当番組で株式会社Kanattaの立ち上げ時の想いをシェアした後、森喜朗元首相の女性侮蔑の発言に対する考え、会長辞任を受けての小池百合子東京都知事の『日本独特の質問』という言葉に対しての想い、そして日本のジェンダーギャップ指数が121位という現状に対する想い等といったテーマでトークは進み、リスナーと共に楽しい時間を共有する時間となりました。

弊社は今後も、様々な側面から持続可能な社会創りへ貢献してまいります。

下記、14日出演時の記事となります。
https://joqr.co.jp/s5/archives/516/

また以下は当番組のURLになりますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。
https://joqr.co.jp/s5/

ワンヘルスで守ろう、私の大切なもの。WWFによるワンヘルス共同宣言!

今回は、弊社が運営するSDGs・エシカル情報発信メディア「kanatta library」から以下の記事についてご紹介です。

ワンヘルスで守ろう、私の大切なもの
https://kanatta-library.jp/post-17881/

ワンヘルスという言葉をご存じでしょうか。
「ワンヘルス」とは、「人」「動物」「生態系(自然)」の健康をひとつと捉え、それぞれがバランスよく健全にあるべきという考え方です。

人が健康であるためには、感染症の発生原因となる自然破壊を止めて、人や動物が生きている生態系を健全に保つ必要があるという視点です。

kanatta libraryは、WWFによる「#ワンヘルスで守ろう、私の大切なもの。」という取り組みに賛同し、できるだけ多くの方にこのキャンペーンについて知ってもらいたいと思っています。
参考:#ワンヘルスで守ろう、私の大切なもの(https://onehealth.wwf.or.jp/

WWFとは、世界自然保護基金(World Wide Fund for Nature)のことであり、自然環境保護を行っている国際NGO団体です。「人類が自然と調和して生きられる未来」を理想とし、自然の中に人間が存在するという自然観を取り入れながら様々な問題に取り組まれています。
参考:WWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/

「ワンヘルス共同宣言」の1項目目には、以下のように記されています。

——————–
動物由来の感染症は年々増加傾向にあるが、その背景には「森林破壊」や「不適切な野生生物の取引」などが大きく関係している。こ れらの問題を解決していかないと、今後も新型コロナウイルス感染症に限らず、未知のパンデミックが発生する恐れがある。
出典:https://www.wwf.or.jp/file/20210122_wildlife01.pdf
——————–

これはつまり、今後、新型コロナウイルスのようなパンデミックはまた起こる可能性が十分にあるということです。

そんな現状を一人でも多くの人に知ってもらうため、WWFでは保健、家畜、環境分野の専門家が集まってワンヘルスという考え方について様々な情報を発信するシンポジウムを2021年2月13日に開催します。オンラインでの開催になるので、ぜひ興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

【オンライン開催】人と動物、生態系の健康はひとつ ワンヘルスシンポジウム ~ポストコロナ時代の感染症と生物多様性 保全~
https://www.wwf.or.jp/event/organize/4539.html

ぜひ、一緒にワンヘルスについて理解を深め、私たちの大切なものを守りましょう。
株式会社Kanattaは、今後もさまざまな方面からSDGsや地球環境の改善に貢献してまいります。

弊社代表の井口恵のインタビュー記事が、1/8(金)発売の月刊総務に掲載されます!

1月8日(金)発売の月刊総務に、弊社代表の井口恵のインタビュー記事が「女性が輝ける仕掛けを次々と。ジェンダー平等の実現に貢献」というタイトルで掲載されます。

『月刊総務』は、総務部門の指針として愛読されており、2013年に創刊50年を迎えた経営・実務情報から先進事例まで「戦略総務」のための専門誌です。「企業事例と実務情報を柱としたリアリティのある誌面作り」で、複雑化する総務・管理部門の業務に対し、毎号具体的な事例を通して、実務に役立つ記事を掲載しています。

今回、弊社代表の井口がどのようなキャリアや経緯のもとで女性社会進出を推進する経営者になったのか、ドローンや宇宙業界で起業したきっかけは何だったのか、そして、リモートワークやジェンダーマネジメントといった新しい働き方に取り組む井口の今後のビジョンも踏まえて取材していただきました。

ぜひ下記よりご覧いただければ幸いです。
https://www.g-soumu.com/data/202102_P8-10.pdf

「The VISION~トップの描く未来図~」に弊社代表の井口恵が掲載されました!

先日、「The VISION~トップの描く未来図~」に弊社代表の井口恵のインタビュー記事が掲載されました。

「The VISION~トップの描く未来図~」は、様々な業界分野で活躍されているトップの方々の未来図を探る、インタビューメディアです。

井口がどんな思いで起業してきたのか。
どんなことを大切にして「女性が社会で活躍する場」を提供しているのか。

当インタビュー記事では、井口のテーマである「何をするかより誰とやるか」ということをベースに、「現在の仕事についた経緯」「仕事へのこだわり」「若者へのメッセージ」についての取材を通して、井口と弊社のビジョンを紹介しています。

ぜひ下記より詳細をご覧ください。
https://thevision.jp/iguchi_megumi/

12/18(金)、文化放送の「ココロのオンガク」に弊社代表の井口恵が出演します!

12/18(金)に放送予定の文化放送「ココロのオンガク ~music for you~」に弊社代表の井口恵が出演いたします。

「ココロのオンガク ~music for you~」は、文化放送で2013年9月30日からナイターオフシーズンの期間限定に放送されているラジオ番組で、「音楽を通じて、 『今を生きる』皆さんを応援する番組」であり、パーソナリティーは、各音楽番組や音楽イベントで司会を担当し、洋邦問わず音楽に造詣が深い井手大介氏です。

今回、井口は月に1回の企画である「今、我々にできるSDGsとは何なのか?」の第3回「ジェンダー」というテーマに出演し、SDGsの目標5である「ジェンダー平等」への弊社の取組み、具体的に井口が行っている活動、今注目を集めているエシカルガールという言葉などについてお話しいただく予定となっております。

ご興味のある方はぜひお聴きになってください。今後も、弊社は女性の更なる社会進出の促進と持続可能な社会づくりのため、ジェンダー平等に貢献する活動を続けてまいります。

ぜひ下記より「ココロのオンガク」の詳細をご覧ください。
http://www.joqr.co.jp/musicmusic/about/
https://note.com/igumegu_kanatta/n/nbe9a588801b0

旬刊経理情報に掲載された弊社代表の井口恵の記事がWEBでも公開されました

8月27日(木)、旬刊経理情報の連載『女性リーダーからあなたへ』(2020年5月1日号)に掲載された弊社代表の井口の記事がWEBでも公開されました。

旬刊経理情報は、「経理・税務・金融・証券・法務のニュースと解説」を主に扱う㈱中央経済社が発行している定期購読誌で、「タイムリーに新制度・実務問題をズバリわかりやすく解説」する専門情報誌です。

今回の記事では、井口が幼少期に米国で過ごした時に感じた「貧富の格差」、それゆえ稼ごうと思って入社した監査法人やLVMHで感じた「男女の格差」、そしてそれらを踏まえた起業について掲載されております。
どのような思いが起業への道を決断させたのか。ご興味ある方はぜひご覧ください。

「より多くの人々がジェンダーに関係なく活躍し続けられる社会を実現」するために、弊社は今後とも女性が活躍する社会づくりに貢献してまいります。

ぜひ下記より記事の詳細をご覧ください。
https://www.shinnihon.or.jp/about-us/entrepreneurship/eww/for-you/2020-08-27.html

 

 

弊社代表の井口がEarth Day TOKYOのYouTube番組に出演しました

8月21日(金)、弊社代表の井口がEarth Day TOKYOのYouTube番組「EARTHDAY CHANNEL」に「ジェンダー平等と新しい働き方」というテーマで出演しました。

当番組は、「皆がつながって、地球環境の未来を考える番組です。 毎回さまざまな活動をされているゲストの方をおむかえして、 未来のアイデアや新しい生き方を提案していきます」というYoutube番組です。

今回は、井口より弊社が運営する3つの女性コミュニティのこと、会社を立ち上げた経緯、新しい働き方について対話した後、SDGsにおけるジェンダーギャップについて話し、日本が世界的に低いことを踏まえてより男女の長所を活かしあえる社会づくりが大切であることを共有しました。

弊社は、今後とも男女ともにより活躍できる社会づくりに貢献してまいります。

下記よりぜひ詳細をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=04CmEzQMwtk&app=desktop

 

 

大分トリニータのオフィシャルマガジン『Winning Goal』7月号に弊社共催のトリガールミーティングが掲載されました

7月1日(水)に発売された『Winning Goal』2020年7月号に、先日弊社と株式会社トリニータマーケティング様で共催したイベント「トリガールミーティング」が掲載されました。今回は、元サッカー日本代表の高松大樹氏をゲストに迎え、ドローンジョプラスのメンバーをはじめとした約50名の参加者が「女性の社会進出」をテーマに交流するコラボイベントとなりました。

『Winning Goal』は、Jリーグ・大分トリニータのサポーター必読のオフィシャルマガジンで、「選手インタビュー、グラビア、全試合リポート、イベント記事、プレゼント企画など、オフィシャルならではの最新情報」が詰まっています。

オンライン書店『Fujisan』での購入が可能ですので、ぜひご覧ください。
https://www.fujisan.co.jp/product/1281691436/

今後も、弊社は女性が活躍できるフィールドに貢献し続けてまいります。
なお、トリガールミーティングについての記事は下記のURLになります。

ぜひ下記URLよりご覧ください。
https://kanatta.co.jp/2020/05/09/torigirl/

 

 

弊社代表の井口恵がFMヨコハマの番組コーナー「エシコン」に出演しました

4月15日(水)、弊社代表の井口恵がFMヨコハマの番組「E-ne!~good for you」の中の「エシコン」というコーナーに出演しました。

当番組は、「遊びと文化と自然の宝庫であるこの神奈川エリアはもちろん、地球上のありとあらゆる場所から“世の中に溢れるイーネ!”なモノ、人、流行、などを集めて」情報発信しております。

当番組で毎週水曜14:00からのコーナーである「エシコン」は、エシカル・コンシューマーの略称であり、「倫理的な消費者」を意味しています。
その「ライフスタイル・コンシェルジュとして、毎日の生活を豊かにしてくれるヒントを様々なスペシャリストに伺って」いる今回のコーナーでは、弊社の井口恵が紹介されております。

当コーナーで、井口は株式会社Kanattaの概要、事業内容、ドローンジョプラスやKanatta Salonといったコミュニティやサービスの紹介をしております。

また、4月18日(土)と19(日)に代々木公園で開催予定だったアースデー東京が、初めてオンライン開催されますが、Kanattaは「SDGsのジェンダー平等についてのトークセッションに参加」することも紹介されております。
尚、当ページでは実際のラジオを聴くことも可能です。

ぜひ下記URLよりご覧ください。
https://www.fmyokohama.jp/ene/2020/04/kanatta.html